事業案内

処分の方法

廃棄物処分フロー

step01お客様からのお持ち込み

お客様から荷物を持ち込んで頂いた場合は受付時に荷台を確認し、廃棄物の種類をチェックします。その種類に合った荷降ろし場所へ案内し、荷降ろし終了後、すぐに内容物の確認をします。そしてその荷物に合った選別をします。

step02重機での粗選別
ここの重機での選別では大きな廃棄物がターゲットです。燃料系プラスチック、木くず、金属くずをメインに取り除きます。人の手では出来ない重機ならではのパワフルな動きで作業の効率も上げます。
  • 燃料系プラスチック

    軟質プラスチック類、ビニール類など

    燃料系プラスチック

  • 木くず

    木造家屋を解体した物、新築工事に伴って発生した物など

    チップ化し、製紙原料や
    燃料として再利用

  • 金属くず

    解体工事、新築工事に伴って発生した物など

    各種類の再生原料として
    再利用

step03手での細かな選別
重機では取り切れないある程度の細かな物は人の手で取り除きます。人の目、手で確かめることでより正確な選別を心がけ、再利用に向けて作業をしています。
  • 石膏ボード

    新築工事時の端材、家屋解体工事に伴って発生した物など

    石膏ボードの
    再生原料として再利用

  • 木くず、紙くずなど

    その他の重機では取れない細かな物を取り除きます。

    各種類の再生原料として
    再利用

step04ラインでの選別
ラインでは様々な機械で廃棄物を選別し、さらには人の手でも選別をします。精度、効率ともに良い環境で作業をしています。
  • ライン上での選別

    多人数で行い、流作業により多品目の選別を行えます。

    様々な品目を選別します

  • バキューム

    人の手では取り除けない細かな軽量可燃物を取り除きます。

    軽量物を吸い込み、
    燃料として再利用

  • 7㎜・10㎜・100㎜アンダー

    グループ会社のタツノ開発で湿式選別をし、ほとんどを再利用しています。

    洗い砂などにし、再利用

取扱い品目・処理能力

選別

産業廃棄物種類 特徴 処理能力(日)
廃プラスチック類 生産工場より排出されるもの、建設工事においては建物等建築時、又は解体時において発生するものを取扱っております。選別は風力等も利用しますが、徹底した人の手による選別で有用な資源を分別し再利用します。 332.4㎥
1225.44㎥
合計
1,557.84㎥
紙くず
木くず
繊維くず
ゴムくず
金属くず
ガラス・陶磁器くず
がれき類

圧縮

産業廃棄物種類 特徴 処理能力(日)
廃プラスチック類 廃棄物の運搬効率を上げる為、又は埋立処分する場合に、減容する為に行なう圧縮減容です。埋立る場合には焼却した後が有効ですが、燃やすことが出来ないものは圧縮減容します。 947.04t
紙くず 1082.64t
繊維くず 426.48t
ガラス・陶磁器くず 121.2t

破砕

産業廃棄物種類 特徴 処理能力(日)
廃プラスチック類 塩ビ管をチップ状に破砕し、再び塩ビ管の原料とします。能力は小さいが、粗破砕後、洗浄工程を得てもう一度細かく破砕する為施設は大きなものです。 4.8t
産業廃棄物種類 特徴 処理能力(日)
ガラス・陶磁器くず(廃石膏ボード) 廃石膏ボードを圧縮破砕し、紙と石膏に分離させます。紙は圧縮されるのみで、石膏は圧縮されることにより破砕されます。その後ふるい分けを行なうことにより紙と石膏は分離します。 117.12t

乾燥

産業廃棄物種類 特徴 処理能力(日)
ガラス・陶磁器くず(廃石膏ボード) 上記の工程後の石膏を乾燥させます。乾燥することにより二水石膏から半水石膏に変化し、水を加えた場合再び硬化する石膏となります。これを原料とし、土壌固化材を製造します。 48.96t

圧縮・選別

産業廃棄物種類 特徴 処理能力(日)
廃プラスチック類 廃タイヤをホイールの付いたまま上から押し潰しタイヤとホイールを分離します。 46.56t
金属くず

切断

産業廃棄物種類 特徴 処理能力(日)
廃プラスチック類 各処理を行う時に長くて機械に乗らない物などを切断します。 30.00t
紙くず 2.64t
木くず 18.24t
繊維くず 41.04t

pageup